かえでパンの皮

QOLを上げていく

コンプレックス克服 ダイエット メンタルヘルス

痩せたいけど食べるのが大好きな人へ、暴飲暴食を我慢できる魔法の言葉を教えるね

投稿日:2017年10月29日 更新日:

Pocket
LINEで送る

 

 

この記事にたどり着いたということは、あなたは大なり小なり食べることが好きなのだと思う。

 

この記事では、「私は食べるのが好きだ!」と声高らかに宣言できる人に向けて、食事を我慢するのが少し楽になり、自然と食事量を減らせるようになる魔法の言葉を紹介する。

暴飲暴食をやめたい人の何割かにピッタリはまるんじゃないかと思う。

 

※この記事で紹介する思考法と魔法の言葉は私佐々木かえでが独自に編み出したもので、何の医学的根拠もないただの個人の感想・体験談であることを最初に言っておく。

 

スポンサーリンク



たくさん食べると褒められた幼少期

まず、私の生育歴を食事の観点から簡単に読んでほしい。

興味がない人は次の見出しまでスクロールして飛ばしてくれ。

 

私は小さいころから食べることが好きだったらしい。

24年前に私を産んだ母によれば、

 

「かえでは食べているときはいつも機嫌がよかったねぇ~」

 

だそうだ。

毎回決まって懐かしそうにしみじみと答えてくれるので、嬉しいような恥ずかしいような気分になったり、

「じゃあ機嫌が悪くなったらすぐに食べ物を与えていたのでは……?」

という一抹の不安がよぎったりするのだが、たぶんそんなことは無かったんじゃないかと思っている(信じてる)。

幼稚園児・4才の頃に私の部屋でお友だちを招いて遊んでいたら突然「かえちゃんって太ってるよねー!」と無邪気に言い放たれた記憶が比較的鮮明に残っているが、たぶん痩せてはいなかったが特段太ってもいなかったはず……。

 

そんな私は現在でも食べているときは機嫌が良いそうで、自分では分からなかったが、先日配偶者が遠い目で微笑みながら指摘してきたのが母の言葉と重なり自覚することになった。

 

私は生まれつき「食べていると機嫌がよくなる性質」みたいだ。

 

 

私の成育歴に関してはここからが重要なのだが、この性質のおかげか、私は身近な大人の人たちからこのような言葉をかけられて育った。

 

「かえちゃんはよく食べるね」

「遠慮しないでたくさん食べてくれるから気持ちがいいよ」

「すごくおいしそうに食べるね」

「この巨大ステーキ、かえでなら食べられるんじゃない?」

「かえでは残さず食べてえらいね」

 

肯定的な言葉。

しかし、幾重にも重なるその言葉たちは、すくすくと形成されていく”私”に都度こびりついた。

 

 

激太りでハイティーンを棒に振る

高校生になって、私は太った。

 

(あの、先に言っておきますが、太ったのを他人のせいにしているとかじゃなくて、太ったのは私が食べ過ぎたせいです。まぎれもなく私の食べ過ぎが原因です……)

 

中学までの体重増減など塵にしか感じないくらい、そりゃもうぶくぶくとものすごい勢いで体重を増加させた。

今よりもかなり、太かった。

今が痩せているか太っているかは置いておいて、とにかく今よりも12kgは重たかったのだ。

 

病気かというくらい食べて食べて食べ続けていたので太るのは当然。

逆によくあの程度の太りで済んだなと思うくらいだ。

が、そんな立派な「デブ」になったことで元々米粒ほどしかなかった自尊心を粉のようにしてしまった私は、高校3年間(通信制)を暗い気持ちで過ごし、貴重な十代後半を棒に振った。

泣いた。

 

 

減量に成功したことによる自己肯定感

そんな私だったが、高校卒業後の自動車学校時代の2カ月で10kgほど体重を落とすことに成功した。

人生が変わって見えて、少し自分を肯定することができて、ちょっとだけ自分を好きになることを許された気がした。

 

その後、さらに2~3kg落とした。

 

それからは、妊娠での激しい増減(不可抗力)を除けばだいたい振れ幅は2~3kg内に収まっている。

 

原因があった

そしてここ数カ月、ブログを書く過程で自分への問いかけをちょこちょこしていたら、心の中にしこりのようなものを発見した。

さっきからずっと言っているような気もするが、そう、周りの人の言葉だ。

 

私はずっと、愛情のこもった褒めの言葉たちに呪われていたのだ。

 

ああ、そうか。あれか。

といったところで、自分が何故たくさん食べるキャラになっていったのか分かったし、それを打ち消していく魔法の言葉も考案した。

24年生きて、これはなかなか最高の収穫だ。気付いたことがとても嬉しかった。

 

私が食べ物に執着するようになった原因が存在するのでは?

 

原因の原因を考えることは責任転嫁でもないし悪でもない。

問題解決に向けた初めの一歩だ、胸を張って堂々と考えてほしい。

 

 

ということで、痩せではないものの晴れて標準BMIを楽に維持できるようになったこのタイミングで、今の自分の食への認識をまとめてみようと思う。

 

せっかくなのであなたも、自分が食事に関してどういう言葉を受けて育ってきたか・どういう言葉を受けなかったかを振り返ってみてほしい。

仮にあなたがこのタイプじゃなかったとしても、自分を蔑ろにすることなく、自分の悩み・現状・原因・改善方法をフラットに考えてみてほしい。

 

責任転嫁かどうかなんてどうでもいいよ、小さくても一瞬で引っ込んでも最初に出たあなたの感情を大切にして、事実を並べて推測してみるといいよ。

わがままでも無責任でもいいんだよ、出した結論はあなただけのものだから否定することはないよ、あなたの気持ちを大切にしてね。

 

 

食べることが大好き!の落とし穴

上に書いた私もそうだったし、なんなら上でほとんど書いてしまったようなものなのだが、もっと直接的に説明しようと思う。

 

「食べることが好き」

「よく食べている」

「自他ともに認める大食い」

 

という人は、

 

「自分はよく食べるしたくさん食べられる」ことに誇りを持っていることがままある。

 

食べることが大好きなのはとても良いことだ。

せっかくなら食べ物はおいしく頂いた方がいいし、食事が楽しく感じられないよりは楽しく感じられる方が何倍も笑顔になれる。

「好き」はそれだけでものすごいパワーとなり得る。

 

だが、問題は「食べ過ぎると太る」ことだ。当たり前ではあるが。

 

”消費カロリーよりも多くカロリーを摂ると太る”という事実は、検索してここにやってきた人ならもう何百回と確認したことだろう。

食べるのが好きなのは結構だが、その結果太ってしまうのが自分の望んだ事象でないのならそれは大問題である。

 

「食べるのが好き」

「たくさん食べたい」

「でも太りたくない」

「もっと食べたいのに」

「我慢できないから食べる」

「食べちゃった」

「太っちゃった」

「こんな自分は嫌だ」

「でも食べたくて」

 

こんなサイクルを何度も繰り返してはいないだろうか。

 

もちろんこれを続けていては太るのだが、痩せたいのにこれを繰り返してしまうのはよくあることだし、過去の私も上の言葉を口に出しながらすくすくと太っていった。

いつまでも痩せられないだけでなく、自分のことがすっかり嫌いになってしまう、よくない循環だ。

 

が、ここで朗報がある。

 

たくさん食べている自覚があるあなたになら、私は打開策が提示できる。

 

それは、「自分」と「食べること」を別にして考えることだ。

 

「えっ?それってどういうこと?」

 

と思ったと思うので、次で詳しく説明しよう。

 

 

たくさん食べる=自分という刷り込み

あなたは今まで、人から「食べること」と結びつけられたことはあるだろうか?

例えば、

 

「あんたホント大食いだよねぇ」

「あんたはいっぱい食べる子だねぇ」

 

のようにだ。

 

その経験が「ある」人は、もしかして自分でも自分に対して

 

「自分は大食いだ」

「私はよく食べる」

 

とか思っていないだろうか。

 

 

はっきり言おう、それは罠なんだ。

 

 

端的に言うと、たくさん食べたことのある人がそのことを他人に指摘されたりして「私はよく食べる人間だ」と思い込むことで、

 

よく食べる=自分

 

と刷り込みがなされてしまっている、ということだ。

よく食べたその時の経験が心の中で大きなものとなり、自分のアイデンティティーに組み込まれてしまう。

実はこれはとても危険だ。

 

よく食べる=自分

 

ということは、

 

あまり食べない=そんなの自分じゃない

 

となりかねないから。

 

どうなるかというと、

どんな状況でも自分が自分であるために「よく食べる」ようになってしまうし、

人からの「さすが大食い!」の言葉が自分の芯を褒められたような快感となって、その言葉欲しさに必要以上に食べたりする。

 

少ししか食べない

とか、

お腹が空いていないから食べない

 

という選択肢が存在せず、一種のパフォーマンスとして食べ続けたりもする。

 

小さいころから周囲に”よく食べるキャラ”に仕立て上げられていた人は要注意だ。

 

 

たくさん食べなくてもあなたはあなた

じゃあどうすればいいか?

 

それを解消する魔法の言葉がある。

 

 

「たくさん食べなくても、わたしはわたし」

 

 

これを意識してほしい。

 

誰かと食事のとき、

食べ放題に行ったとき、

スーパーの食料品コーナーでいつものように品物をカゴに入れようとしたとき。

 

この言葉を思い出して、心の中でゆっくりと、自分の奥底に語りかけるように唱えてほしい。

 

自分と環境が許すなら声に出してもかまわない。

耳から入った情報は、それこそ刷り込まれやすいから。

 

 

考えてみれば当たり前なのだが、たくさん食べなくてもあなたはあなたのまま生きるはずだ。

たくさん食べなくても必要量食べていれば死なないし、

マジかよってくらいガリガリの人も、あんまり食べていないだろうに生きている。

 

初めのうちは何かを失うようで漠然と怖いかもしれないが、勇気を出して「あまり食べないこともある自分」を演出してみてほしい。

これが意外と普通に生活できるのだ。

普通というより、食べる量が減ったことによるたくさんのメリットにより「普通以上」になる可能性も十分にある。

あなたの周りの人は初めのうちは茶化したり「なんでいつもみたいに食べないの?」など気にしてくるかもしれないが、

「今日は気分じゃないの」

と毅然とした対応をしてほしい。

 

あなたは、少ししか食べられないときも間違いなくあなたなのだ。

 

 

健康に気を遣ってたくさん食べているなら

もしも健康に気を遣っていて栄養面が心配な人はサプリメントを摂ってみてほしい。

あなたの健康意識に革命が起こると思う。

 

私がそうだったのだが、健康を意識して色んな食材をまんべんなく食べようとすると、料理は作りすぎるわ食べ過ぎるわ腐らせるのが嫌で無理して食べてお腹が苦しいわ、毎日大変なことになるのだ。(「腐らせるのが嫌」については今度書きたいと思っている)

 

健康のためとはいえ食べ過ぎて太ればむしろ健康(と精神衛生)に悪影響なので、プライドが邪魔をするかもしれないが、だまされたと思ってサプリメントを摂ってみてほしい。

 

栄養面が心配なら気休めのつもりでマルチビタミンを飲み、

「なんかフラフラする、食事量減らしたせいかな」と思った時はもしかしたら貧血かもしれないので、食事量を元に戻してしまう前に鉄(ヘム鉄)サプリを飲んでみることをおすすめする。

 

ちゃんとした食事を摂ることはとても大事だが、カロリーの摂りすぎは大問題だ。

特に痩せたい人は。

 

ちなみに、アマゾンでのおすすめとして上のサプリを挙げたが、私はキャンドゥやダイソーの100円のサプリを飲んで効果を感じた。

まず試してみたい、という場合は100均でも全然問題ないと思う。

が、100円のサプリは15日分しか入っていなかったりするので(その分摂取量を調節できるのだが)、60日分で500円弱と考えるとそこまで大差はない。

 

(なお、私は医療従事者じゃないのでこの辺の情報の正しさやこれを実行したことにより損害が生じても責任は負えない、すまない。この記事全体に言えることだが個人の感想として受け取ってほしい)

 

 

まとめ:呪いを解いていこうな

周囲の言葉や自分の思い込みによってたくさん食べていて、それで太っていることが嫌であるのなら、

それらはまぎれもなくあなたを苦しめる「呪い」である。

 

太っていることを嫌だと思っていなくて現状に満足しているのなら私は何も言うことはないが、太っていることをやめたいのならその呪いは解くべきだ。

 

毎日何度でも、気付いたときに先ほどの言葉を思い出してほしい。

繰り返し頭や耳に入れることで記憶は強化され、あなたの中で確固たるものに変わっていく。

 

きっとうまくいくよ。

 

安心してほしい。

たくさん食べなくても、他のどこにでもあなたらしさはあるし、他のあまり目立たない全ての部分もあなたであることに間違いはない。

 

あなたはどうやっていてもあなたなのだから。

 

 

 

今となっては呪いでしかない言葉なんかデリートして上書き保存しちゃえ!

 

 

 

※この記事は医学的根拠のない独自の説を喋っているだけのものです。

この方法を使ったからといって必ず痩せるわけではありません。あくまで個人の感想です。

この記事を読んだことによるいかなる損害・損失に対しても佐々木かえでは責任を負いません。自己責任でお願いします。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-コンプレックス克服, ダイエット, メンタルヘルス
-, , ,

執筆者:

関連記事

「できない理由」を敢えて考えてみた。大きく分けて4つあった。

  ブログ開設当初、目標に掲げていた”毎日更新”を私はものの数日でやらなくなった。 いや、正確にはできなくなった。   スポンサーリンク できない理由を考え …

「おれ、ミニマリストになる」汚部屋の主、断捨離を決意。

  こんにちは、佐々木かえでです。 部屋が散らかっている系ブロガーです。断捨離します。   スポンサーリンク そうだ、ミニマリストになろう   ミニマリスト。 あまりよく …

簡単!ジムで筋トレするときにイキむ顔を見られたくないあなたにオススメの対処法

  ちょっと前までトレーニングジムに通っていたのだが、私はジムで筋トレをするのがとても怖かった。   スタッフが数人常駐している会員制のジムなので、常にスタッフの監視がある。 私だ …

みんな視力検査して!乱視だと本が嫌いになるよ。

  こんにちは、佐々木かえでです。   先日、メガネを買ったら見える世界が別物になって疲れなくなった記事を書きました。   それ以外にもまだ弊害があったことに気付いたので …

プロブロガー「習慣化!歯を磨くようにブログを書け!」→ワイ「へ、へぇ~」

  こんにちは、QOLブロガー兼シスコンライターの佐々木かえでです。   何でも、毎日続けるのって難しいですよね。     スポンサーリンク 歯を磨くようにブロ …

スポンサーリンク

このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
姉への劣等感をバネに、2018年4月に北海道から上京。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたらうれしい。

スポンサーリンク