社会不適合者の本籍地

おでかけレポ

【写真】浅草の観光名所「雷門」に行ってきた。ホイップメロンパンが人気だった。【浅草寺】

投稿日:

 

こんにちは、佐々木かえでです。

 

東京は浅草にある「雷門」に行ってきました。

理由は、たまたま近くで用事があったからです。観光名所にふらっと寄れるの最高。

 

というわけで、レポートしていきます。

 

スポンサーリンク




浅草の雷門には「ニッポン」が濃縮されていた

東京の台東区にある浅草、そしてそこにある雷門。

※「かみなりもん」と読む。「らいもん」ではない。アニメ・イナズマイレブンには主人公の通う「雷門中(らいもんちゅう)」という中学校が出てくるから間違えないようにしよう。

 

外国人観光客が多い東京の中でも、秋葉原と同じくらいかそれ以上の比率で外国人がいた。(体感的データ)

気持ちは分かる。

というのも、浅草という街は雷門に至る前にもいかにも日本っぽい建物がたくさんある(交番とかもかなり日本っぽい)のだが、雷門から寺?まで至る道は本当に「ニッポン」っていう感じで、とにかくニッポンなのだ。日本を感じたければ雷門に来れば間違いない。

私が外国出身だったら日本旅行時はここに来ただろう。

 

まあ、前置きもそこそこにさっそく雷門をくぐろうと思う。

 

……あ、その前に。

雷門の前には人力車のお兄さんたちが待機しており、観光客っぽい見た目の人には「乗っていきませんか?」と声をかけている。

私が2年前に東京観光で姉と訪れた際には行きと帰りで2回ほど声をかけられたが、今回私は「社会人女性」のコスプレとしてスーツを着用していたので全く声をかけられなかった。人力車のお兄さんに声をかけられたくない人は社会人のコスプレをしましょう。

 

さて、今度こそくぐろう。

 

雷門をくぐるのにお金はいらない

くぐった。くぐったらこんな感じだ。

 

雷門をくぐるのに特にお金はいらない。入場料が取られないのだ。

浅草といえば、雷門から徒歩圏内にあるスカイツリーは350m地点まで上るために2060円、そこからもう100m高みに上るのに1030円かかる。それを考えると、雷門はかなりお得感がある(ショッピング街ソラマチはタダで入れます)。

今回は平日の夕方に行ったのでまあまあ空いていた。空いていたというか、人でごった返している感じではなかった。そこまでストレスを感じることなく歩けた。

2012年にスカイツリーが完成してからはみんなだいたいそっちに行きがちなので、雷門は今行きやすいスポットです。

 

両サイドにズラ~っとお店が続いている。

どれも日本日本(にっぽんにっぽん)しているので感動した。これからも日本っぽいものが欲しくなったらここに来ようと思った。

 

雷門のおみやげ・食べ物(仲見世通り/なかみせどおり)

雷門の2大おみやげ「人形焼」「雷おこし」が売ってるお店。

人形焼は中にあんこやカスタードが入っていたり入っていなかったりするカステラ。人形やキャラクターや何かしらのモチーフの形をしている。

雷おこしは、なんか和菓子です。硬そう。食べたことないので各自検索してください。

雷門にはこういうお店がたくさんある。

 

ちなみに私はここで人形焼を買った。↑

おいしかったので今度レビューします。

このお店、人形焼を作る機械がずっと回転・稼働しててすごかった。

 

違うお店に売ってたあげまんじゅうも買った。


あげまんじゅう(抹茶)、100円。

 

「あげまんじゅう」、なるべく略したくないお菓子だ。正式名称で呼びたい。理由は察してほしい。

このお店で買った。苺大福もおいしそうだったが、苺大福というものはどうにも割高に感じてしまいホイホイお金を出すのが憚られてしまうのは私だけだろうか?

出したお金で得られるカロリーを考えてしまうのは貧乏故か。

 

あげまんじゅうにはノーマルの「あげまんじゅう」の他「抹茶」「梅」「ごま」などさまざまな味がある。私が買ったのは抹茶。

普通でもおいしいまんじゅうが揚げられているお菓子、業が深い。おいしくないわけがない。少しあたたかくておいしかった。

中身は白かった。意外だった。びっくりした。

 

楽しい時は積極的に記録に残していけってイマジナリーフレンドが囁いたので自撮りをした。1人で行っても楽しいぞ。(イマジナリーフレンドの件は嘘です。イマジナリーフレンドはいません。ごめんなさい)

 

お箸、扇子、着物、財布など、和物が欲しければ雷門だ。和物がなんでもあった。

 


和服が売ってる

外国人の人が外国人向けにやっているお店もあった(このお店↑かどうかは忘れた)。これって逆輸入っていうんだっけ?

 


雷門にかかれば、iPhoneケースもこのとおり。

 

ホイップメロンパンのお店がある

通りを歩いていたら、道を少しだけ外れたところにホイップメロンパンのお店を見つけた。

 

ホイップメロンパン。友だちが食べているのをツイッターで見てずっと気になっていた食べ物だ。

私はメロンパンが非常に好きだ。これでもかというくらい好きだ。だから、そんなメロンパンにおいしい食べ物の代表格であるホイップを挟んでしまった「ホイップメロンパン」はさぞおいしかろう。絶対に食べてみたかった。

 

買った。

 

クリームの入り方が綺麗。

 

以下は感想です。

 

幸福の往復ビンタ、みんなも食らってみてほしい。とてもおいしかった。

雷門へのメイン通りに戻って立ち食いしていたら道行く人々がこちらを見て「おいしそう」って言ってたり、外国人女性2人組に「ハァイ、メロンパイどこ?」って訊かれたので食べながらお店まで案内したりした。食べ歩く広告塔になってしまった。

 

かばん屋さんがたくさん

雷門にはかばん屋さんもたくさんある。


かばんがたくさん売られてる

私は常々、観光地には靴屋さんがたくさんあると思っているのだが、かばん屋さんもそうなのかもしれない。旅行先では靴ずれが起きて歩きやすい靴が欲しくなるし、おみやげを買い過ぎてかばんが欲しくなる。

 


かばん屋さんその2

 


生き生きとしたかばんたち

好きなユーチューバーの動画によく登場するカエルのリュックバージョンがあった。買って帰りたくなった。2600円がなんだか安く感じた。金銭感覚がバグる。(バグっていますか?)

 

宝蔵門(ほうぞうもん)

さて、そうこうしながら歩いているうちにお店ロードが途切れて視界が開けた。

 

現れたのは「宝蔵門(ほうぞうもん)」だ。

 

ここで書くまで雷門一帯のことを「雷門」としか認識していなかったが、どうやら雷門一帯などではなく「浅草寺(せんそうじ)」らしい。今調べた。

浅草寺は知っていたけど、雷門をくぐった先にあるものが浅草寺だとは思わなかった。無知だ。ちなみにさっき通ったお店のある通りは「仲見世通り(なかみせどおり)」というらしい。

雷門をくぐった先にある何やらお参りをできるらしい建物が神社なのか寺なのかも知らなかったが、浅草”寺”なのでもちろん寺である。

 


宝蔵門

 

宝蔵門の左右には怖くて大きい人が入っている。これは左の怖くて大きい人。

 

裏に回るとでっかい草履がある。いくらなんでもでかすぎる。誰が履くんだ。裏にいる怖くて大きい人が履くにしてもでかすぎる。

 


反対サイドの草履。本当にでかい。

 

宝蔵門をくぐった先ではおみくじが引ける。

 

お守りも買える。

 

この煙を体にかけるとなんか良いらしい。

 


燃え尽きた線香が集合体恐怖を煽る。

 

何に良いのかよく分からなかったがみんなありがたそうに浴びていたのでとりあえずたくさん浴びておいた。

 

浅草寺・本堂

さて、こちらが本堂です。


本堂

 

とてもありがたい感じがする。

ありがたい感じがしたが、なんか別にいいかなと思ってお参りはせずに帰った。

 

五重の塔みたいなのがあった。

 

帰る前にトイレに寄った。きれいだった。

 

トイレの近くには自販機がある。観光地なのに普通に安くてびっくりした。

 

 

浅草寺・雷門、とてもいいですね

たぶん、日本の日本らしいところがここ浅草と京都の2か所に濃縮されているのではないか。

浅草と京都に濃縮された日本を他の土地で割るといい感じに希釈された日本ウォーターになる。浅草と京都が日本の原液なんだと思った。浅草と京都ありがとう。ものすごく好き。

ちなみに、京都には行ったことがない。誰か連れてってください。

 

雷門(かみなりもん)
〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目

 

 

ツイッターやってます。↑

よかったらフォローしてね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-おでかけレポ
-, , ,

執筆者:

関連記事

インドア2人がその場のノリで。山手線徒歩1周レポート、その2

  こんにちは、佐々木かえでです。 惰眠を貪る(@daminist)さんと共に敢行した山手線徒歩1周の続きです。その2です。 前回は東京駅に着いたところまで書いたのでそこからです。 その1は …

インドア2人がその場のノリで。山手線徒歩1周レポート、その1

  こんにちは、佐々木かえでです。 2019年あけましておめでとうございます。   スポンサーリンク 年末年始で身も心もたるんだ さて、平成ももう数か月で終わりそうな今日この頃、み …

【写真】かき氷専門店ひみつ堂のかき氷、ふわっふわモリモリで具が皿からこぼれ落ちる【谷根千デート】

  こんにちは、シスコンオタクの佐々木かえでです。 先日、Twitterで気になっていた人に誘っていただいたので、谷根千のかき氷専門店「ひみつ堂」に行ってきました。 めちゃくちゃ感動したしお …

インドア2人がその場のノリで。山手線1周レポート、その3

  こんにちは、飛び火かえでです。 更新を滞らせている間に生活がごたごたしたりライターをやめたり佐々木かえでから飛び火かえでへと名前を変えたりしました。今後ともよろしくお願いいたします。 & …

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
↑飛び火はUber Eats配達員をして生計を立てています。真の社会不適合者の私でもできた仕事なので安心。スマホがあればOK。会社帰りの副業にもおすすめです。

このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
社会不適合レベルが高すぎて、社会不適合率が比較的高いと噂される職業であるライターすら辞める。バイトもすぐ辞める。現在自営業。動画撮ったりとか色々。自撮りが好き。触角が生えてる。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営してました。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたら嬉しい。

Instagram@sasakikaede_
自撮りだけ上げてます。同じくフォローしてくれたら嬉しい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク