社会不適合者の本籍地

メンタルヘルス

それ誤用かも!「共依存」の正しい意味って知ってますか?

投稿日:

 

こんにちは、飛び火です。

「共依存」の誤用が多い気がするのでまとめます。

 

スポンサーリンク




「共依存」、文字のイメージのまま使っていませんか?

「共依存(きょういぞん、きょういそん)」という言葉がポピュラーになって久しいですね。

依存しあっている2人を指して、距離の近すぎるカップル離れられない親子などに用いているのではないかと思います。

 

ちょっと待って!

 

それ、厳密には誤用です。

 

多くの人が使う「共依存」、実は誤用。本来の意味は。

共依存は2人が依存しあうことではなく、特定の状態を指しています。

 

自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す。すなわち「人を世話・介護することへの依存」「愛情という名の支配」である。

共依存 – Wikipediaから引用

 

例えば、相手が私に依存してきていて、それを介抱する行為に私が依存するのが共依存、そしてその関係です。

 

例1 アルコール依存症の家族の場合

典型的なのがアルコール依存症患者の家族。

父親がアル中だったとして、その家族が父親(あるいは夫)の介護に生きがいを見出してしまうのがそれです。共依存という言葉の原形でもあります。

 

人を甲斐甲斐しく世話焼きするのは一見良いことですが、そんな単純なことではありません。

共依存の場合、相手から依存されることに自分の存在価値を見出しているため、相手の状態が良くなりそうなときに「治っちゃったらこの関係が解消されちゃうじゃん!」と不安になって、半ば無意識的に悪化させようとすることもあります。

 

アルコール依存症の家族だと、お父さん(あるいは夫)がいい感じに断酒して治りかけているところに「いつも頑張ってるんだしちょっとくらいいいじゃん、飲みなよ」とか言ってお酒を与えちゃったりするということ。当然悪化しますよね。

 


公園でお酒を楽しむ私です。

 

例2 自閉症児の家族の場合

例を重ねます。

自閉症児の家族の場合だと、パニックを起こす子どもに対して良くなってほしいと願いつつ、パニックの被害を受けるのが習慣化してしまい「被害を受けながらも優しく介抱する私」にある種の陶酔をしてしまって、それがエスカレートした結果パニックを受けないと不安な身体になってしまい、パニックの原因をわざわざ与えてしまったりするということです。

 

もちろん自閉症児の家族やアルコール依存症患者の家族が全員こうというわけではないのは分かってください。

介護する側が共依存になった場合はこうなりますよ、ということです。

 

世話・介護する自分にしか価値を見出せない

どうしてそんな本末転倒なことをするのかというと、患者を介護する自分にしか価値を見出せなくなっているためです。

自分の存在価値がなくなるというのは道徳観を見失わせるくらい人間にとって恐ろしいことというわけですね。生命を揺るがすような底知れぬ恐怖です。

 

「相手に良くなってほしいと心から願っている」といういうよりは「辛そうな人間を献身的に支える自分」に焦点が合っていると言えるでしょう。

良くなってほしいと願ってないわけではないでしょうが、献身的に支えること自体に価値を見出してしまっているためにその関係が失われるくらいなら良くならないでほしいと内心(自覚の有無は別として)思っています。

自分のために、自分の存在価値を見失わないために世話を焼いているのです。

ある種支配的です。

 

(こうして書くと悪いことのように思えますが、度を超さなければ世話を焼くこと自体は良いことだし患者にとって必要なことでもあります)

 

共依存の誤用についてまとめます

さて、長々とすみませんでした。

もっと話していたいですがこの辺の話はもう沼なので、誤用についてまとめてしまいます。

  • 相手を支えることそのものに依存するのが共依存
  • 「依存」とはちょっと意味の違う言葉である
  • 一般的な誤用の意味で使いたい場合は略さずに「依存をし合っている」というのが正しいかもしれない

という感じです。

場合によっては2人のどちらも共依存な場合もあるでしょう(その場合はどちらも被共依存であることにもなる)し、どちらも相手にただ依存しているだけというパターンもあるでしょう。後者の場合は「依存し合っている」ということになるはずです。

 

ちなみに「相互依存」もまた文字の見た目とは意味が違って「双方が自立した上で状況によっては依存し合うこともできる」というとても良い意味の言葉なので間違えずに使っていきましょう。この辺の用語は本当にややこしいですね。

 

「共依存」、間違いであるようで間違いでない、間違いでないようで間違いである、そんな微妙な感じですが一応覚えておいてほしいです。

 

それでは!

 

人間とコミュニケーションと愛情について考えている飛び火かえでのTwitterはこちら→@_sasaki_kaede_

よかったらフォローしてね。

 

※専門家ではないのでちゃんとしたことは専門家に聞いてください。もし間違っていたとしても当方一切の責任を負いません。このサイトを読んだことに起因する如何なる損害も飛び火は責任を負いません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-メンタルヘルス
-, ,

執筆者:

関連記事

女性が俺・僕を使っちゃダメ?「”私”という一人称は女性だけのものじゃないよ、男性も使うよ」に対する反論【LGBT】

  こんにちは、第二次性徴期真っ盛り、ジェンダーレスの佐々木かえで(14歳133か月)です。   みなさん、LGBTってご存知ですか? 同性が好きな人、どっちの性別も好きになる人、 …

簡単!ジムで筋トレするときにイキむ顔を見られたくないあなたにオススメの対処法

  ちょっと前までトレーニングジムに通っていたのだが、私はジムで筋トレをするのがとても怖かった。   スタッフが数人常駐している会員制のジムなので、常にスタッフの監視がある。 私だ …

【出産祝いに】産後鬱だった私が抱っこ紐のエルゴベビーをおすすめする理由

  こんにちは、淡々と生活を上質にしていくQOLブロガーの佐々木かえでです。   出産祝いシリーズ第3弾! ちょっと高額ですが、四の五の言わずにさっさと買っておけばもっと育児が楽に …

【労働怖い】労働アレルギーを発症してしまった

  こんにちは、飛び火です。 どうやら労働アレルギーを発症してしまったようです。   スポンサーリンク 労働アレルギーって? 労働アレルギーとは、働こうとすると急に動けなくなったり …

「できない理由」を敢えて考えてみた。大きく分けて4つあった。

  ブログ開設当初、目標に掲げていた”毎日更新”を私はものの数日でやらなくなった。 いや、正確にはできなくなった。   スポンサーリンク できない理由を考え …

スポンサーリンク



このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
社会不適合レベルが高すぎて、社会不適合率が比較的高いと噂される職業であるライターすら辞める。バイトもすぐ辞める。現在自営業。動画撮ったりとか色々。自撮りが好き。触角が生えてる。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営してました。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたら嬉しい。

Instagram@sasakikaede_
自撮りだけ上げてます。同じくフォローしてくれたら嬉しい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク