かえでパンの皮

QOLを上げていく

ショッピング 家事 掃除・片づけ

私が部屋が散らかるのを押して「迷ったら買え」を実行している理由

投稿日:2018年1月9日 更新日:

 

こんにちは、佐々木かえでです。

 

前回、汚部屋の主が語る、私の部屋がどうしても散らかる理由5つコメントをいただきました。

いつも楽しみに読んでいます。一言言いたくてコメント致します。迷ったら買うな!です。欲しいではなくて迷うはいずれゴミとなります。買ったのに使わなくてゴミになるのは無駄です。
「なにはともあれ、今年もよろしくお願いします!!!!」の写真とてもかわいいですね。

いつも楽しみにお読みいただきありがとうございます。

 

>迷ったら買うな

いや~分かるんですけどね。その理論を2、3度越えてきているんですよ。。

 

今回は、なぜ部屋の散らかしを悪化させてまで私は「迷ったら買う」のか?

というところを弁明(?)したいと思います。

 

>とてもかわいいですね。

アーーザァァァーーッス!!!!

 

 

スポンサーリンク



すべてのものは期間限定

中高生のころ、私はKERAという雑誌とそこに載っているファッション、読モのAKIRAさんが大好きで、それはもう定期購読を申し込むほどでした。

服も着方も真似したり、東京に遊び行けば必ず竹下通りに行ったし、AKIRAさんの髪形を真似して襟足を伸ばして金髪メッシュを入れてみたり。

 

ビジュアル系バンドには興味が無かったのですが、本の隅から隅まで読みつくす癖があったため、バンドのインタビューも1から100まで全部読んでいました。

そのときはちょうど、「アンティック珈琲店」とか「みく」っていう人が流行っていたかな。間違ってたらすみません……。

 

そこでどこかのバンドのボーカルが言ってた言葉がずっと心に残っていてですね。

 

すべてのものは期間限定なんですよ。

 

すべてのものは期間限定。

 

ずっと心に残っていた言葉が、最近現実味を帯びました。

これ、マジでそうだなと。

 

特にそう言っていなかったのに期間限定だったもの

今まで、そういう触れ込みじゃなかったのに実は期間限定だったものがたくさんありました。

例をいくつか挙げます。

 

欲しかったジャンパー。

おととしの年末に見て欲しいなぁと思っていたけど言い出せなかったジャンパーが、やっぱり欲しい!と奮起して昨年の年明けに行ってみたらもう無かった。再入荷もなし。

どうしても諦められなくて仕方なく、残っていた似合わない方の色を買って今も着ている。

 

欲しかった浴衣。

5000円だから欲しいと思っていたネット通販の服がまごまごしている間に売り切れて、やっと再販されたと思ったら需要と供給の関係で10000円になっていた。(無理言って買ってもらった。その節はありがとう)

 

お世話になった人。

とてもお世話になった道しるべみたいな人が、いつもいた場所から転職して遠い土地に引っ越してしまった。

いつも会えると思っていたからあまり会いに行かなかったらこれです。

 

ばあちゃん。

いつも会えると思っていたら突然死んでしまって結婚したことを直接報告できなかった。

 

友だち。

いつも一緒にいたのに突然死んでしまった。

 

アマゾンプライム。

コードギアス反逆のルルーシュを毎日少しずつ見て生きる糧にしていたら、ある日、まだ全話見終わってないのにプライム見放題対象から外れて有料レンタルになっていた。

 

スーパーカップのクッキークリーム。

中学生の時に大好きでほぼ毎日食べていたのに、急に販売されなくなってしまった。

(クッキーバニラとして通常サイズに復活したが、そうなるまでの数年、もう食べられないのかとずっと悲しかった)

 

今あるものが次もあるとは限らない

今そこにあるものが、次もそこにあるなんて保証はどこにもないんですよ。

どんなアクシデントがあってどのタイミングで消えてしまうか分からない。

 

「期間限定」とわざわざ書いてくれているハーゲンダッツは親切です。

書いていなくてもしれっと消えているものが世の中にはたくさんあるんだから。

 

私が「迷ったら買え」を買いもの理念に掲げている理由の根底にあるのはこれです。

 

もっと直接的な「迷ったら買う」理由

基本的に、買うときは「迷う」んじゃなくて「欲しい!」と思っているです。

さすがに「迷う」ときの全部に対して「買う」選択をしているんじゃなくて、直感的に「欲しい!」と思っています。

その直後に出てくるのが、

  • 金銭的な理由で
  • 似たようなのが家にある
  • (極論として)無くても生きていける
  • 家に物が増えているなぁ

という種類の「迷う」。

で、これって「部屋をきれいにしなきゃ」「無駄なものを買わないようにしなきゃ」と半分強迫観念みたいなものから出てくる「迷う」で、品物自体はマジで欲しいんですよ。(さすがに金欠のときは我慢せざるを得ませんが……)

 

で、この「迷う」状態に入っている時に買わずに後悔することがめちゃくちゃ多かったので、躊躇せず買っていくことにしました。

3つの思考を経てたどり着いたのを説明します。

 

ミニマリストに対する劣等感

ミニマリストってあるじゃないですか。

ミニマリストの人たちって自分の生活の仕方をとても誇りに思っていて、周りの人にもミニマリズムを激推ししている印象です。

(「断捨離」って言葉のパワーがすごいですよね……)


クリックでAmazonに飛びます。kindle安くなってた。

 

物を減らそう!

モノ消費ではなくコト消費

 

な時代の流れもあって、まるで物をたくさん持っていることが悪と言われているような気持ちになって居心地悪い。

 

別にいいじゃん、ミニマルじゃなくたって。

 

そりゃあ、「え?別にいいけど」って感じだと思いますけど、個人的にはっきりと宣言したい。

 

別にいいじゃん、ミニマルじゃなくたって。

 

個人の生活の仕方の自由ですから、そこに優劣とかつけたくないですよ。

合う合わないありますしね。向こうもその前提かもしれませんが。

 

分不相応な理想

とはいえ、ミニマリストに憧れる気持ちは少なからずあるわけです。

だって、最小限のモノで生活している人たちの話はすごく魅力的に聞こえるんですもの。

たぶんメリットを全面的に押し出したDHMO未遂みたいなことだろうなぁと捻くれた推測をしますが、憧れはあるしそれが「正義」だと思っちゃう部分はあります。

だからそれを振り切りたい思いでさっき宣言しました。

 

物欲がすごくて溜め込む性質で、それなのに小手先の「物を増やさない」を決行しようとしたら後に残るのは後悔です。

自分に馴染まない・OSの違う志向は、サイズの合わない服を人に勧められるまま無理やり着ているみたいでとても不格好。

根本の部分が変わるとかいう奇跡みたいな変革が起こらない限り、強引に「買わない」選択をしていくのは非常に体に悪い。

 

ストレスかかるの嫌なんです。

もっと自分に合ったやり方があります。

だから欲しいものは躊躇なく買う。

 

 

間違って買ったら正直に手放す

買うことがいけないんじゃなくて溜め込むことがいけないので、1つ買ったら1つか2つ捨てるくらいの気合いでいたら物を増やさなくて済むかなぁというのが今の考えです。

燃えるゴミの日の度に着なくなった服を生ゴミと一緒に捨てているし、昨年、六中プラザ六中祭で行われた子供服交換会には30着以上寄付しています。

子どもにも相談の上で、いらないおもちゃは燃えないゴミの日毎に処分しています。

そうやって捨てたり譲ったり(売ったり)で減らしながらブラッシュアップしていけば散らかりは軽減されるかもな、と。

 

私は耐えられないんです。

せっかく欲しいと思ったものを、その場のいい子ちゃん的言い聞かせで買い逃してしまうことに。

 

前回言ったように、「迷ったら買え」は元は

  • オタクグッズは生産量が限られている
  • 買い逃すと公式からはもう買えずオークションで価格が高騰
  • もう一生手に入らない

という内容のオタク名言から来ています。

 

オタクグッズに関しては高校生くらいからずっとこの考えで生きていますが、最近ふと「オタクグッズだけじゃない、今あるものがいつまでもあるわけがない」と強く思い、「迷ったら買え」「大切なら会え」を意識して生きているところです。

そして、この理論で買ったものは意外と使っています。

本当に欲しいものを買うことについてだと思っている節があり、自分のために本当に必要なものほど「迷う」という謎仕様。

 

問題は「安いから買い溜めしておくわ!」と特に考えず確信(盲信)して買った場合の方なんですよ。

そういう時はだいたい都合が変わって使いきれず終わりますから……。

 

後悔先に立たず。

人間はやった後悔よりもやらなかった後悔のほうが強く残る。

 

もう何も逃したくない。

 

ところでアマゾンプライム。

さっきのアマゾンプライムの話ですが、今あるタイトルが明日無くなっていることもアマゾンプライムではよくあることなので、見たい映画・アニメ・ドラマがある人はお早めにどうぞ。

無くされる前に見ておきたいので、おジャ魔女どれみは隙あらば見るようにしています。近所のツタヤにも#以降しか置いてないですからね……。

おジャ魔女どれみ(無印)はアマゾンプライムで今のうちに!

他の作品も↑のバナーリンクから探してみてくださいね。

個人的にはまどマギ見てみたいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-ショッピング, 家事, 掃除・片づけ
-, ,

執筆者:

関連記事

腰痛?まずは椅子を変えろ。話はそれからだ。

    こんにちは、佐々木かえでです。 光の加減で髪の毛が茶色に見えますが染めてないので校則違反じゃないです。       ところで、ブロガー・ライタ …

玉子焼きもそのまま切れてストレスゼロ、魅惑の紙皿生活18のメリット

  こんにちは、佐々木かえでです。   前回、唯一の希望だと思っていた食洗機にフラれた話をした。 いざ食洗器を設置しようとしたら○○が原因で作業員に「無理だ」と言われた話 &nbs …

#かえちゃんのミニマリストへの道、断捨離の進捗part1

  こんにちは、佐々木かえでです。 部屋が汚すぎたため、ミニマリストになるべく断捨離中です。 参照:「おれ、ミニマリストになる」汚部屋の主、断捨離を決意。   スポンサーリンク 断 …

いざ食洗器を設置しようとしたら○○が原因で作業員に「無理だ」と言われた話

  私は食器洗いが嫌いだ。 手がカサカサになるし、食べた後はゆっくりしたい気持ちになって片づけなんか絶対にしたくないから。料理は好きです。   料理をした後の鍋やまな板・包丁はすぐ …

【防災】日常備蓄で結局ペットボトル水が最強なんだけど生活の質も重視したい人におすすめの方法【QOL】

  こんにちは、佐々木かえでです。 東京に引っ越してから水道水がおいしくないので、今までの人生では考えられない量の水を定期的に購入しています。   もう1つのブログ「あちこちトカチ …

スポンサーリンク

このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
姉への劣等感をバネに、2018年4月に北海道から上京。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたらうれしい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク