かえでパンの皮

QOLを上げていく

食べ物

はま寿司を何倍も美味しく食べるための詳しい方法とテイクアウトの美学

投稿日:2017年11月14日 更新日:

 

前回、お寿司はテイクアウトするとおいしいことについて机上の理論を展開した。

寿司はテイクアウトしておうちで食べた方がおいしいのかもしれない

 

寿司はテイクアウトした方がおいしいのか。

果たして本当にそうなのか。

あれだけネチネチとテイクアウトの素晴らしさについて語ったが、作りたてほやほやを食べる方が本当はおいしいんじゃないのか?

 

その謎を解明するため、私はアマゾンの奥地へと向かった……。

 

スポンサーリンク



はま寿司をテイクアウトしてきました

というわけで私は「はま寿司」へ向かった。

 

はま寿司は基本は1皿100円+税だが、平日は昼も夜も1皿90円+税となる天国のような場所。安い嬉しいありがとう。

正直、純粋なお寿司のおいしさで言えば魚べいの勝ちなのだが、魚べいはここしばらく連続していたし、その他ガソリン代・運転時間・平日90円・メルマガクーポンなども考慮してはま寿司に決定した。たまに違う味を食べることで脳にビビッと刺激を送りたい。

 

はま寿司に到着したらペッパーくんがいてびっくりした。

私はペッパーくんのいる時代のはま寿司を知らなかった。彼はいつ入社したのだろう。

ペッパーくんがかなり好きなので、意図せず会えてうれしかった。

 

ペッパーくんかわいい、すました顔して頭良さそうに喋っているけどロボット弁が残っていて、エリートなのに一生懸命健気に働いていて、あの子とても好き。

 

席についてひたすら注文

お昼とはいえ平日だからか混んでいなく、すぐに着席することができた。

しかも今回は奥の角席だった。大当たり!!!!

 

そして私たちはたくさん注文した。

家に帰って食べ終わったときに「まだ、まだだ……足りない……寿司が足りない……」とならないように精一杯全力でデンモクを押した。”只今商品をお作りしています。その他のページはご利用になれます”の青い画面にも負けず、必死になった。

メルマガのクーポンに「あおさ味噌汁無料」があったのでちゃっかり注文し、配偶者と交代で1つのあおさの味噌汁をすすって空腹に耐えながら一生懸命注文し、オリに詰めた。

 

苦行だ。

その場で食べてしまおうという邪な考えが何度頭を過り、何度「配偶者が言い出したせいにして店で食べてしまおう」と思ったことか。

寿司が目の前を流れていて、注文をした寿司が席に届いて、揚げたてのチーズいももちがいい匂いをまとっていて、ツヤツヤのネタが、シャリが、こちらを見つめて食べてほしそうにしてるなんて幻覚を見そうにもなって、食べずにいられるのは賢者とかだけなんじゃないか。

 

結局あおさ味噌汁とポテト数本を食べた他には何も口にせず、さっさとボタンを押して会計をした。

ポテトを食べてしまったが寿司には一切食べ箸をつけていないので魔法使いくらいにはなれたと思う。今度メラでも唱えてみよう。

 

あおさの味噌汁無料のクーポンが適用され、1800円ちょっとだった。思ったより買っていたようだ。

まあしょうがない、帰ってから「もっと買っておけばッ……!!!!!」と後悔したんじゃ遅いんだ。圧倒的に正解の行動を取った、それだけだ。

 

帰宅、テイクアウト最強、おいしさはそして伝説へ……


お持ち帰りのお寿司の入った袋

お寿司がたくさんだ……。こんなに幸せなことってあるだろうか。

日常感溢れる家の中に寿司が置かれると幸せが広がる仮説は本当だった。

散らかった部屋に幸せの青い鳥が降りてきたみたいだ。はやく食べたい。

 

帰りの車の中でヒザの上にこれを置いていたら、揚げたてのチーズいももちとポテト、あとたぶんシャリがあたたかくて、0歳の赤ちゃんを抱っこしている幸せに近いものが味わえた。

 

幸せな眺め


私の1(ケースかぶせver)


配偶者の1


配偶者の2


私の1(ケースなしver)


私の2、揚げ物系

 

感無量である。

どうですか、ものすごくおいしそうだろう。(煽り)

 

人は好ましい環境に置かれると、自慢したくてたまらなくなり、無差別に人を煽りたくなるのかもしれない。すまない。

それほど素晴らしい景色がテーブルいっぱいに広がっていた。みんなにもぜひやってほしい。

 

それにしても、お寿司をオリへ詰めることひとつ取っても個性が出て面白い。

何を詰めるのか、どのように詰めるのか、どれだけ詰めるのか。

みんなにお寿司を好きに詰めてもらって、名前を書かずに1か所に集めて「これは誰が詰めたお寿司でしょうかゲーム」とかやりたい。

 

美味しくなったはま寿司へようこそ

肝心の味は血のにじむようなテイクアウトしたことで変わったのだろうか。

食べたので、この熱い思いを聞いてほしい。

 

まず初めに断言しておきたい。

寿司は持ち帰ると確実においしくなる。

 

これは間違いない。確定事項となった。

さっきの血のにじむような注文の時間がはっきりと報われたのでとても明るい気持ちだ。

 

何がそんなに変わったのかというと、ズバリ「ネタの温度」。

回転寿司、とりわけ100円寿司は、ネタの鮮度維持のためネタを常に低温に保っており、場合によっては半冷凍のままシャリに乗せられて提供になることがある。

ここだ、ここに落とし穴がある。

 

作りたて新鮮なのは良いことだが、あまりにも新鮮すぎてネタとシャリの温度がアンバランスなのだ。ネタは冷たく、シャリはあたたかい。

それを「外はカリカリ中はフワフワ」風に美味しく感じることもあったのだが、実際にネタとシャリの温度がなじみ一体化したものを食べるともう頷くしかない。

これはうまい。はま寿司をおいしくするポイントは、ネタとシャリで分かれた寿司の温度を同じにするところにあったのだ。

 

マグロ、特にとろびんちょうは明らかにおいしくなった。

今まで、ネタが半冷凍で届くことが多かった商品のひとつだ。

 

あとは、巻物や軍艦の海苔がしっとりしていたのもポイントが高い。

そういえば、小さい頃に食べたちょっと高かったのかもしれないお寿司は、すべて海苔がしっとりしていてシャリと完全になじんでいた。

海苔をなじませるためにわざわざ提供まで時間を置いていたような気がする。

いつしか、パリパリの海苔の巻かれたお寿司ばかりお店で食べるようになっていたが、お店のお寿司を持ち帰ると偶然にもしっとりした海苔を味わうことができた。

高級店の味に近づいたということかもしれない。これは貴重な情報のはずなのでみんな肝に銘じておいてほしい。

高い寿司は海苔が巻きたてじゃないのだ。

 

なお、情報の真偽は保証しない。

 

しかし揚げ物は……

当然と言えば当然だが、揚げ物はお店で食べた方がおいしいという結果になった。

はま寿司の細いポテトの醍醐味であるサクサク感が消滅し、「ふやふやの油っぽいイモ」に近いものになってしまった。

まあ、揚げ物ほど「○○たてほやほや」を求められる食べ物もないだろうからそこはしょうがない。

お店でつまみ食いしたポテトと、帰宅してからゆっくり食べたポテトは、お店でつまみ食いしたものの方がおいしかった。

 

自宅でテレビを見ながら食べると寿司はおいしくなる理論があるのでそこまで気にしなくても良いかもしれないが、味だけで言えばお店ですぐに食べた方が絶対においしい。

なので、「家では寿司だけを食べる」と決められるのなら、ポテトは持ち帰らずお店で食べてしまうのも手だ。

 

チーズいももちは持ち帰っても結構おいしかった。極端に時間を置かなければ比較的いけると思う。

が、それでも揚げたてがすごくおいしいであろうことは想像に難くない。

 

私は持ち帰りの美学を貫きたいので今後も頑なに揚げ物を持ち帰るだろうが、あとは各自の判断におまかせしたい。

 

はま寿司を最高に味わうためのポイントとテイクアウトの美学まとめ

テイクアウトをしたらやっぱりおいしかった。

お店で食べるよりもおいしさが増したり高級感が増したりした。

が、揚げ物はお店で食べた方がおいしかった。

 

ここで学んだことを活かして、たまにリッチなはま寿司を楽しんでほしい。

箸・しょうゆ・甘タレ・わさび・お手拭きはひとまとめに清潔にパックされたものをレジの人が添付してくれるので嬉しい気持ちになれる。至れり尽くせりだ。

ドリンクは、帰りに近所のスーパーにでも寄って好きなものを買えばいい。

 


トクホじゃないやつ

私は機能性表示飲料を贅沢に紙コップに注いで飲むという所業をした。

お寿司に加えてトクホもどきまで飲むなんて、本当に悪いことをしている気分だ。すごく気持ちいい。

 

みんなも、たまには悪いことをしながら生きたらいいと思う。

割りばしやら紙コップやらを使ったので洗い物も出ない、最高だ。

 

これからも積極的にテイクアウトをして、抑圧と解放の最強お寿司おいしいコンボをやっていきたい。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-食べ物
-, ,

執筆者:

関連記事

寿司はテイクアウトしておうちで食べた方がおいしいのかもしれない

  帯広にもようやく100円寿司が3店舗ほどやってきてからというもの、我が家では2週間に1回はお寿司を食べるようになった。 理由は、有り体に言えば家事炊事をどうにかサボろうと毎日躍起になって …

【主婦主夫1人暮らし】毎日自炊してると誰かの手料理食べたくならない?

  こんにちは、佐々木かえでです。   自分のことを主フとは思っていないですが、分かりやすくこう書きました。 毎日自分で料理を作っていると、自分の料理から味がしなくなることないです …

ものすごくおめでたいリンゴ見つけたwww

    こんにちは、佐々木かえでです。   今日、夏にでかいスイカが売ってたスーパーに行ったら、とんでもなくおめでたいリンゴを発見したので記念に買ってきました! 初めて見 …

龍角散ののどすっきり飴と恋に落ちた。最強の理由とハーブエキスの謎

  悩みに悩みを重ねても肩書きが思いつかなかったので、とりあえず「天衣無縫のうっかりブロガー」にしておきました。 こんにちは、天衣無縫のうっかりブロガー佐々木かえでです。   みん …

【断面図】トリチ・チーチーダブチ・チーズバーガーを比較した【写真豊富】

  こんにちは、佐々木かえでです。   今更感があるが、マクドナルドのトリチとチーチーダブチを食べたので、チーズバーガーを含めた3種類で比較した。 断面図写真あり。歴史的資料として …

スポンサーリンク

このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
姉への劣等感をバネに、2018年4月に北海道から上京。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたらうれしい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク