QOLを上げていく

コンプレックス克服 メンタルヘルス

みんな視力検査して!乱視だと本が嫌いになるよ。

投稿日:2017年12月5日 更新日:

 

こんにちは、佐々木かえでです。

 

先日、メガネを買ったら見える世界が別物になって疲れなくなった記事を書きました。

 

それ以外にもまだ弊害があったことに気付いたので、「無自覚乱視」の恐怖についてもう少し書きます。

一人でも多く無自覚乱視自己嫌悪地獄から救い出せたらと思います。

 

スポンサーリンク




無自覚な乱視で本嫌いになっていた

本を読むときって、手で本を持って文字を目で追うじゃないですか。

 

私はそれができませんでした。

 

本を読んでいるとそのうち頭がぼんやりしてきて、同時に眠たくなってしまっていたんです。

それは何故か。

理由は、単純に「目が疲れたから」です。

 

乱視で文字がぼやけ2重に見える

乱視の人はピントを合わせることができません。

ピントが合ってない状態で本を読むのがどういうことかというと、

こんな風にぼやけた文字を何千と見て理解し読み進めていくことです。

この画像はあまり大げさでないです。今思えばメガネをかける前はこんな風に見えていました。

 

これでは文字を見てから理解するまでの間にちょっとしたタイムラグが発生してしまいます。

目で文字を見た後、「ああ、これは『乱視』と書いてあるんだな」と理解する工程が必要になるからです。最初から普通に「乱視」と読めたならスムーズに頭に入っていくのに。

乱視によって余計な処理が増えることで、目が疲れ、頭が疲れ、やがて読めなくなるのです。

 

そして次第に「本は自分に向いていない」「本は好きじゃない」と遠ざかっていく……。

せっかく本を読みたい気持ちがあるのに残念なことです。

 

乱視に無自覚なせいで自己否定に

本が読めなくなることで発生する弊害、それは自己否定です。

 

「え?たかだか乱視で?」

 

と思われるかもしれませんが、乱視に無自覚だった場合、”自分が本を読めない理由”が分かりません。

乱視だなんて思いもよらないわけですから、

 

「私は集中力が続かない……」

「本も読めないだなんて人として……」

 

など、本を読みたい気持ちが強いマジメな人ほどどんどん自分を責めるでしょう。

そして自信を失くしていきます。

 

車の運転も

本とはズレますが、私は車の運転も危うくなっていました。

乱視だと気づかないせいで確認をしたはずなのに結果として確認不足になってしまうといったような凡ミスを繰り返してしまい、

 

「わたしは不注意な人間だ……」

 

というように、とことん落ち込んでいきました。

最初から乱視だと知っていれば、メガネなりコンタクトで全て解決したのに。

 

乱視は自覚しづらい

自分の感覚は基本他人とは共有できないわけで(VRの普及で今後できそうですが)、他人の視界を知らないのに自分の視界が正常かどうかなんて知る由もないんですよ。

自分のものよりも良い商品が世に普通に出回っていることを知らなかったら、これからもポンコツを使っていくしかないということです。

 

小さな子どもに色覚異常や聴覚異常があっても本人は何も言ってこないのと同じです。

無自覚な乱視は自信の喪失に直結するんです。

 

乱視で本が読みにくいもう1つの理由

プロの撮ったテレビ番組と、ド素人がFacebookに上げたスマホ動画、どちらが見やすいかは聞くまでもないでしょう。

 

そう、乱視はド素人のスマホ動画のように手ぶれします。

 

乱視の視界は、手ぶれ補正機能のない動画のような感覚なんです。

物を見ようとすると視界がずっとブレブレしてる。

 

これめっっっっっちゃ疲れます。

 

そして酔う。

普通に生活してるだけでも視界がブレた感じで大変生きづらいのに、本なんか読んだらもうすぐに投げ出したくなります。

ブレて読めたもんじゃないですから。

 

もう止まってくれ、静止画になってくれ。

 

これも今となってはそう思えるんですけどね。

 

一度視力検査してみよう

これらの悩みは乱視用メガネをかけたら全部解決しました。

本も読めるようになったし、運転も怖くないです。

 

まったく、今までの苦労は一体なんだったんでしょうか。

本を読めなかったのは私のせいじゃなかったのです。めっちゃ自分を責めてましたよ……。

無自覚って本当に怖いですね。

 

もしも周りの人に、生きづらそうにしていて今回書いたことに当てはまりそうな人がいたら、ぜひ視力検査を勧めてあげてくださいね。

 

おすすめのサプリです↓

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-コンプレックス克服, メンタルヘルス
-, , ,

執筆者:

関連記事

読んだらブログと文章が書きやすくなる本3選

  前回の記事でちょっと長くなったので分けました。ブログを書く上で読んで良かった本です。 前回:ブログ・文章が書けなくなった時に読む、原因確認記事 (あまり長くならずに済みました。さくっと紹 …

「おれ、ミニマリストになる」汚部屋の主、断捨離を決意。

  こんにちは、佐々木かえでです。 部屋が散らかっている系ブロガーです。断捨離します。   スポンサーリンク そうだ、ミニマリストになろう   ミニマリスト。 あまりよく …

【肥満】デブあるある!?減量後の私が驚いた予想外の変化19【ダイエット】

  こんにちは、佐々木かえでです。   3日前に買ったニートの服着て仕事します。ニートの服なのにやる気が出る不思議。 pic.twitter.com/qHq5gSiz9l — 佐々 …

簡単!ジムで筋トレするときにイキむ顔を見られたくないあなたにオススメの対処法

  ちょっと前までトレーニングジムに通っていたのだが、私はジムで筋トレをするのがとても怖かった。   スタッフが数人常駐している会員制のジムなので、常にスタッフの監視がある。 私だ …

プロブロガー「習慣化!歯を磨くようにブログを書け!」→ワイ「へ、へぇ~」

  こんにちは、QOLブロガー兼シスコンライターの佐々木かえでです。   何でも、毎日続けるのって難しいですよね。     スポンサーリンク 歯を磨くようにブロ …

スポンサーリンク



このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
姉への劣等感をバネに、2018年4月に北海道から上京。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたらうれしい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク