QOLを上げていく

おでかけレポ くだらない系 未分類

インドア2人がその場のノリで。山手線徒歩1周レポート、その2

投稿日:

 

こんにちは、佐々木かえでです。

惰眠を貪る(@daminist)さんと共に敢行した山手線徒歩1周の続きです。その2です。

前回は東京駅に着いたところまで書いたのでそこからです。

その1はこちら→インドア2人がその場のノリで。山手線徒歩1周レポート、その1

 

スポンサーリンク




東京~浜松町、憩いの街角

有楽町へ

次は有楽町だ。

まだまだ1時間くらいしか経っていないので足も身体も余裕である。天気が良く、身のこなしの軽快さが増していく。

 


こういう白いゲートの道が急に出現したりする。整備に抜け目がなさすぎる。

有楽町は高校生の時に宝塚の月組の公演を観に行ったので8年ぶりである。

 

何気なく歩いていたら高速道路の入口があった。「首都高」ってやつだ……。

 


スターツ(STARTS)

ピタットハウスのデカい建物。本社か!?※調べてみたらなんか違う気がする。でも近いところに本社がありそうだ。

それにしても、ガラス張りの建物、かっこいいな……。

 


リプトン

歩いて30分後には分かっていたことだが、普段電車で通過しているところを歩くと、ものすごくたくさんの発見ができる。

普通に生きてたらたぶん知らないし、知らなくても全く問題がないような情報が、散歩をしていると五感を通して次々に脳に飛び込んでくるのでおすすめです。

 


マクドナルドはあらゆる駅近に出現

 


銀座インズ(GINZA INZ)


ステーキカレー(650円)

 

といったところで、

 

有楽町に着いた。

 

かえで「なんか余裕ですね」

惰眠さん「これはいける!」

かえで「あ~たのし~!」

 

14時50分~有楽町~

 

 


JR有楽町駅京橋口

 


JR有楽町駅銀座口

有楽町では電車の真下を歩くことができた。屋根があると嬉しい。

 

通りにあったパチンコ店の前にいたピエロ。

こんなに楽しげな光景もそうない。パンダの親子が乗ってる車も楽しげだ、……と思ったが、どこに「親子」なんて書いてあっただろう。

「大きいのと小さいのが一緒にいたら親子」だなんて、思い込みも甚だしい。もしかしたらこの2体のパンダは親子とかじゃなくてたまたま居合わせて相乗りしただけの他人(パンダだけど)かもしれない。

いつも気を付けているのに、それでも自分の価値観で人を決めつけていることに気づいて、背中が寒くなった。

 

次は新橋

 

新橋へ


YURAKU CONCOURSE

新橋へ向かおうとしたらすぐに現れた「ユーラクコンコース」。急にレトロになってびっくりした。ここだけ昭和とか大正が蓄積したままだ。

 


レトロ&モダン

 


ボロボロになった”当時”のものっぽいポスター。「何十年も貼られっぱなしだった」に1票、「ダメージ加工をした」に2票。

 


“ミルクホール”

とにかくレトロだったりモダンだったりで良かったので今度改めて来たい。有楽町から新橋に向かう途中にあったので、みんなも興味があったら行ってみてほしい。

 

反対側から見たら「URA CONCOU」になってた。

 


ユーラクコンコースの対岸「築地魚河岸 まぐろ一代」

 


有楽町は昭和レトロ・大正ロマン推しなのかもしれない。

 

山手線のすぐ下は、こうして工事用の柵がたくさん立っていたりして、退廃的な雰囲気を纏っている。撮影なんかにもいいかもしれない。

例えばほら、こういう写真が撮れる。

 

網に手をかけるのって良くないですか。いいですよね。それでは先に進みましょう。(惰眠さん、無茶ぶりに答えてくれてありがとう)

 

謎の通路

かえで「ここ、合ってると思います?」

惰眠さん「えっと……たぶん」

かえで「ですよね」

 

怪しげな細道だ。ここを進んでいって、もし行き止まりとかだったら嫌だな。

……きっと、誰にでもそう感じさせるほど、

 

 

細長い。

 

 

 

が、同時に、

 

 

とても走りたくなる、テンションの上がる道だった。

 

かえで「この道めちゃめちゃよくないですか」

惰眠さん「この道めちゃめちゃいいですね」

 

アニメにしか出てこないような道って現実にも存在するんだ。

オタクたちのそんな感動が空中に浮遊していた。

 

たくさんかかった傘。洗濯物干し。自転車。

人の痕跡にドキドキしないか。

 

……そうやって、人々の生活に思いを馳せながら悠長に歩いていたら、なんと、後ろから車が迫ってきた。

 

 

危ない!

走って逃げなきゃ!

 

 

 

ウワアアァァァァァァァァアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ウワアアァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………。

 

 

 

 

「はあ、はあ」

「助かった……」

 

車は途中で駐車場に入っていった。

ダンジョンだったら死んでたところだ。ほらあの、細いトンネルの中にでかい岩が転がってきてみんなで逃げるやつ。あれだったら何回か死んでたと思う。ダンジョンじゃなくて本当によかった。

走ったことでめちゃめちゃ体力を使った……。

 

通路を抜けた。意外と行き止まりではなかった。

 


新橋ガード横丁

「新橋」という文字が見える。

歩きながら分かったことは、お店や建物の名前が次の駅のものになると嬉しいってことだ。

街と街のはっきりとした境目は見つけづらいが、建物の名前を見ればだいたい今どこにいるか分かる。ちゃんと進んでいるのだということが分かって安心だ。

新橋駅はもうすぐらしい。

 


高架下から見上げた”腹の骨”が強くて良いです。

 

信号待ち中にスマホを見て道順などをチェックしてくれる惰眠さん。私は方向音痴で、所持しているスマホも格安で愛嬌があるスペックなのでめちゃくちゃ助かる。

 


名物 立喰そば ポンヌッフ。赤い貼り紙が”サラリーの街”新橋を思わせる。

 

そして……

 

 


JR新橋駅銀座口。銀座口って有楽町にもあったよね。

 

新橋駅だ!!!!!!!!!!!

 

 

 

有楽町から新橋駅。めちゃくちゃ遠いというわけでもないけど、近くはなかったような気がする。

が、今調べてみると有楽町から新橋までは約1.1km。そんなに遠くないじゃん!ていうか近っ!

どうやら体感的なものだったらしい。もしかして疲れを感じている……? と心配したりなんかしてない。たぶんあれだ、さっき車に追われたために”濃い時間”を過ごしてしまったんだろう。

 

「笑ってる写真が見たい」とTwitterでリプライをもらったので、ここからは積極的に笑っていこうと思う。

 

ところで、2人とも上着を脱ぎました。1月だってのに、汗が……。

 

 

15時11分~新橋駅~

 

 

そういえば、新橋駅にはかっこいい出口があった。

烏森口。

烏森(からすもり)って、漫画『結界師』の舞台か?(結界師の主人公は「烏森学園」に通っている)と思って今調べてみたのだが、ここ(新橋)は関係ないそうだ。結界師の舞台は東京ではないことが作中で明らかにされていたらしい。偶然の一致だった。

 

さて、次は浜松町駅です。

 

浜松町へ


歩行者用トンネル。重厚。

 

……そう、思ったより時間がかかっている。

このペースだと終電に間に合わない可能性があることを、私も、おそらく惰眠さんも、なんとな~く感じていた。

が、口には出さなかった。

理由は2つ。

士気が削がれると大変だから。そして、現実を受け入れたくなかった諦めるにはまだまだ早かったからだ。だってまだ15時。太陽は元気に活躍してるのに、俺たちが日和(ひよ)ってどうすんだ?

 

日比谷神社というものに遭遇した。かなり小さいが、その分鳥居や壁・建物が立派だ。

 

超かっこいい。よくできたコスプレイヤーみたいな完成感がある。

 

さて、日比谷神社を左に曲がる。

 

スタスタスタスタ

 

 

あっ!電車だ!!かっこいい!!

これは中央線だろうか、総武線だろうか。

そんなことを考えていたら、頭の中に楽しげな歌が流れてきた。

♪まあるい緑の山手線、まんなか通るは中央線。新宿西口駅前の、みんなのヨドバシカメラ

山手線以外の色が分からない。総武線は存在を語られない(かわいそう)。

結局どっちなのか、ていうか何線なのか全然分からなかった。

 


“JRA 中山競馬開催中”ウインズ汐留 日本中央競馬会

JRAの建物の横を通った。この写真、なんだかカクカクしてていいですよね。街灯がスタイリッシュだ。

 


とてもオシャレなのだが?

 

汐留に入ったようだ。

汐留は日本テレビがあるところというイメージしかなかったので全然知らなかったのだけど、

 

 

 

 

 

ものすごくオシャレだということがこの度分かった。

 

ここは本当に日本なのだろうか?

 

右手にある公園で少し座って、水分を補給することにした。

 


公園で休憩をする惰眠さん。絵になる。

 

お茶を飲みながら周囲を見てみた。

 

花が咲いていた。黄色くて鮮やかだ。1月でも咲いていられることにいちいち驚く。

北海道ならこうはいかないだろう。気温も然ることながら、なにより雪に埋もれている。

 

ゆっくりもしていられない。先を急ごう。

 

 

 


植物1


植物2。竹で支えられている。

外国に行ったことがないので本来何とも言えないところだが、異国情緒がすごかった。汐留は異国情緒がすごい。

道端の植物の育て方に日本っぽさは残るが、この一角がなければ外国に迷い込んだと錯覚しただろう。街づくりの本気だった。

 

高いビルが建っている。

高いビルって正直めちゃめちゃ建ってるからこうしていちいち写真を載せる必要はたぶんないのだが、私はこうした、名前も知らない高いビルの1つ1つを愛でていきたい。

 

汐留周辺は外周が行き止まりになっていたのでなんだかんだで内周に入るしかなくなっていた。ちょっと遠回りをして、ようやく外周に戻ってこられた。

 

沿線を歩く。右側は山手線、左側はモノレールだ。モノレールの発着駅である浜松町の気配を感じる。

写真だと夕方のように見えるが、実際に歩いていると空はまだ明るい。昼とそんなに変わらなかった。

まだ昼だから大丈夫、いけるよね、間に合うさ、と互いに言い聞かせながら歩いた。まだ昼だからセーフ。

 

ところで、街ごとに街灯のデザインが全然違う。浜松町周辺は船の帆をイメージしているのだろうか。先ほどの汐留もそうだが、外国の港町を意識しているのかもしれない。

 

進行方向に向かって左側、モノレールの向こうに目を向けると、建築途中のビルが触角を生やしていた。ロボットが自分の身体を自己修復しているようにも見える。

こういうのを見ると、「ビルって生きているのでは?」と思うときもある。ごめん、ほんとはそこまで思ってない。

 

あ、そうだ、みなさんには忘れないでほしいのだが、我々はずっと歩いている。

ただビルや花を眺めているだけではない。ずっと歩いてる。絶えず足を動かしている。

まだ1時間半程度ではあるが、あまり休まず歩いているのである。

 

2つの写真を見て、”ねじれの位置”を思い出した。3次元故に、永遠に交わることはない2つの線。あと”ねじれ国会”も思い出した。

 

スタスタスタスタ

スタスタスタスタ

 

ポケモンセンターの悲哀

 

あれ……???

 

この景色には見覚えがあった。高校生の頃、東京に遊びに来るたびにここに来た気がする。

そうだ、ここはポケモンセンターがある場所ではないか。※ポケモンのグッズがたくさん売ってる専門店

そうだった。ああ、何年ぶりだろう。懐かしい……。

 

 

……ん???

 

ちょっと待て。

 


GOLD´GYM

 

 

ゴールド、ジム……?

 

 

2014年12月7日(日)18時をもって、浜松町の「ポケモンセンタートウキョー」は閉店いたしました。

引用:ポケモンセンターメガトウキョー

 

 

そこから先は、あまり記憶がない。

気が付けば、私は浜松町駅でピースしていた。

 

 


浜松町駅(北口)

 

 

15時34分~浜松町~

 

 

その3に続く。

 

 

趣味・特技は「隠し撮り」です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-おでかけレポ, くだらない系, 未分類
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラクエが実生活に及ぼす劇的なメリット20個と究極のデメリット1つ

  こんにちは、佐々木かえでです。   人生に対してやけくそになったため、この記事で売ったPS4をまた購入しました。 ここしばらく、寝食を忘れてドラゴンクエスト11をやっています。 …

マックでポテトの当たりを引いた

顔バリエーションが貧乏

【断面図】トリチ・チーチーダブチ・チーズバーガーを比較した【写真豊富】

  こんにちは、佐々木かえでです。   今更感があるが、マクドナルドのトリチとチーチーダブチを食べたので、チーズバーガーを含めた3種類で比較した。 断面図写真あり。歴史的資料として …

足の臭いが消えて指の間がサラサラで感動した話。

こんにちは。 今日はとても感動した話をします。   私は、正直に言いますと自分の足のにおいが気になっていた。 特段くさいのかと聞かれると主観ではそんなことはないのだが、人が嗅ぐとどう感じるの …

【神回】おじさん2人が耳を触りあって吐息漏らして赤面!【ウエストランド井口のぐちラジ!】

どもー、劣等感ライジンガー・チリカミでーす。 ウエストランドのぶちラジ!&ぐちラジ!を聴いているソルジャーでーす。 ウエストランドの魅力を列挙した前回の記事はこちらでーす。 愚痴・罵り・下ネタ!ウエス …

スポンサーリンク



このブログを書いてる人

佐々木かえで(1993~)
人間やってます。ジェンダーレス。
姉への劣等感をバネに、2018年4月に北海道から上京。
このブログの他に「あちこちトカチ」という北海道帯広十勝の情報便利ブログを運営。

Twitter@_sasaki_kaede_
フォローしてくれたらうれしい。

実績など:ポートフォリオ

スポンサーリンク